ホーム
施設のご案内
空き状況
団体登録制度
運営協議会
市民活動ひろげ隊
まちの情報局
ホーム * スタッフブログ
開館カレンダー アクセス
開館時間
9:00~21:30
休館日
毎週水曜日 祝日の翌日
年末年始
〒525-0037
滋賀県草津市西大路町9番6号
TEL:
077-562-9240
FAX:
077-562-9340
駐車場はわずかしかございません。
周辺の駐車場情報はこちら
登録団体紹介
レンタルねっと☆くさつ
市民活動応援寄付
スタッフブログ
まちサポ
*

スタッフブログ

好評でした≫意外としらない薬~薬剤師から市販薬の話を聞こう!
2017年9月25日
 
市販薬の前に・・・
「健幸都市くさつ」って?をテーマに市健康福祉部健康福祉政策課 田村さんからお話を伺いました!
●草津市の人口ピラミッド(現状と将来予測)
●健幸都市くさつとは、誰もが生きがいをもち健やかで
幸せに暮らせる都市

などのお話をしていただきました♪
草津市が行っている健康政策の考え方がわかる講演でした。
 
 
【市販薬について】一般社団法人びわこ薬剤師会 
大迫さんより
こんなお話を伺いました!

★血中の薬の濃度が効果的な分量になるよう計算されたのが「用量」。飲む量が多かったり少なかったりすると、薬の成分が害のあるところに入ったり必要ある部位に到達しなかったりする。

★セルフメディケーションとは「自分自身の健康に責任を持ち軽度な身体の不調は自分で手当てすること」だから「自分の健康を自分で守ろうとする人は税金を控除しましょう」というのがセルフメディケーション税制がある。

★ロキソニンと言っても3種あり入っている成分が違う。眠気が増したり目が覚めたり、自分の生活に合ったお薬を選ぶことが大切。

★薬の名前はカタカナだらけで覚えづらい・・・でもお薬手帳に書いておけば薬局ですぐに正確な名前を薬剤師に伝えられる!

★災害が起こった時、病院や薬局にあるお薬の処方データが無くなってしまうことがある。でもお薬手帳があると緊急災害時もすぐに必要な薬の名前を相手に伝えることができ、迅速に対応できる!
 
 
講座の中では、自宅に眠っている処方箋の相当額をクイズにしてくれたので、楽しく薬のことを知ることができました!

また、お話の内容もとても分かりやすく、
大変好評でした!
 
 
大迫さん曰く、「大事なことはどんな特徴を持つ薬を飲んでいるのかを理解し、納得した上で用法容量通り飲むこと!そうすれば、朝飲むこと前提のお薬を昼に飲む方法など生活に合わせた飲み方を薬剤師も教えることができる!」
とおっしゃっていました。

ついつい面倒になって「風邪薬って書いてあるし安いからこれでいいか・・・」と思いがちですが、自分の体と薬のことをちゃんと分かっておくことの大切さがよく分かりました♪
 
 
 
>> スタッフブログ一覧へ
前のページに戻る
*