ホーム
施設のご案内
空き状況
団体登録制度
運営協議会
市民活動ひろげ隊
まちの情報局
ホーム * スタッフブログ
開館カレンダー アクセス
開館時間
9:00~21:30
休館日
毎週水曜日 祝日の翌日
年末年始
〒525-0037
滋賀県草津市西大路町9番6号
TEL:
077-562-9240
FAX:
077-562-9340
駐車場はわずかしかございません。
周辺の駐車場情報はこちら
登録団体紹介
レンタルねっと☆くさつ
市民活動応援寄付
スタッフブログ
まちサポ
*

スタッフブログ

地元を語ろう「じもとーく」
2016年12月23日
 
まちセン登録団体の「オリーブ」と「Discovery Café」(KIFA多文化共生部会)の主催で、外国人と日本人の交流会「じもとーく」が、文化庁から補助金を受けて12月18日に開催されました。
副題は「あなたの地元、わたしの地元」。自分の故郷について語り合い、お互いの文化や慣習を知って交流や理解を深めるイベントになりました。



参加者は約50人。外国人と日本人が半分ずつくらいで、ベトナム・インドネシア・中国・フィリピン・韓国の方が来てくださいました。


最初の企画は、話題提供として8人(外国人5人、日本人3人)の方による自分の地元の「おすすめの場所」「おすすめのイベント」「おいしい食べ物」についての発表です。

発表のミソは国名だけでなく、地域の名前まで言うこと。国の中でも地域によって食べ物も習慣も違います。地元民だからこそ知っている“その土地ならでは”のディープな情報は、聞いているとワクワクしますね。
 
 
続いて班に分かれての歓談。
地図を見ながら「出身地はどこにあるの?」「気候は?」「おいしい食べ物は?」など、いろんな話を聞くことができました。


ある班ではそれぞれの地域のタクシーの話になりました。ベトナムの北部から来た人の町では道の幅が狭く車はとても渋滞しているので、タクシーといえば「バイクタクシー」なのだそうです。大人2人・子ども1人が乗れる、幅が広めのものだとか。また、中国の南部から来た人の町では道が昔より広くなったので、車のタクシーが主流になったそうです。
 
 
最後は班対抗「世界ものしりクイズ」です。
「ビーチサンダルのことをペルーでは何と呼ぶでしょう?」や「世界で人口が4番目に多い国は?」「約80年前、まちづくりセンターの場所には何があったでしょう?」など、お馴染みのものからローカルなものまで、様々な3択問題が出されました。

班のみんなで悩みながら答えを導いていくと、一体感も生まれますし、正解した時の嬉しさもひとしおです。
 
 
外国人と日本人、同じ町・近隣の町に住んでいても、日常生活では関わりの持てる機会もなかなかありません。

こういった交流会があればこそ、顔の見える関係づくりのきっかけが生まれるのかもしれません。
 
 


**************************
クイズの答え
○ビーチサンダル→「サヨナラ」
○人口が4番目の国→「インドネシア」
○まちづくりセンターの場所→「競馬場」
 
 
 
>> スタッフブログ一覧へ
前のページに戻る
*